出張買取で骨董品を売却する際の注意点

物品の買取を行っている店舗において最近多く見られるサービスが出張買取です。骨董品を取り扱う店舗でも出張買取サービスを扱うところは非常に多くなっており、利便性の高さからも利用者が多くいますが、利用にあたっては注意点もあります。 出張買取で骨董品を売却する場合の第一の注意点に、まず品物が売却可能かどうか事前に確認を取る必要があります。買取店によっては価値が低い骨董品や、ヒビ割れや欠けなどのある破損品は買い取らないケースがあります。このためネット上から骨董品を撮影した写真のやり取りを行うなどして、簡易査定を受けた上で出張買取に申し込むのがよく採られる売却手段です。 また第二の注意点に保証書や保存箱も準備した上で出張買取を依頼することが重要です。これらは作品価値に含まれる上に、真贋判定に用いられるため買取価格に大きな影響を与えます。これ以外にも査定や出張料金、さらにキャンセルした場合の料金の有無や、取引の秘密厳守についても事前に知っておいた方が安心して売却に臨めます。