骨董品の種類にはどのようなものがあるのか

一口に骨董品といっても、実際はさまざまな種類が存在しています。たとえば、絵画や陶器、茶道具、彫刻品などが主な種類となります。骨董品を取り扱うテレビ番組では、よく掛軸などが出てきますが、松尾芭蕉の描いた日本画などは高い価格がつくことが多いです。洋画の方もさまざまな種類がありますから、その価値はピンからキリまであるということになります。 そして、骨董品の陶器や茶道具は、もっとも華があるタイプであるともいわれます。特に、茶道具には素晴らしい価値がある場合も多く、高いものなら数千万円の価値を持っていたりします。香合や水柱など、その種類も多いです。 あるいは、彫刻品や象牙なども高い価値がある場合がよくあります。なかでも、象牙を素材として作られた作品は、希少価値の関係もあって高い値段がつくことが多いです。あるいは、アンティークな製品も骨董品の種類のなかに含まれており、美術品として観賞されることも多くあります。